派遣関連情報

派遣という形態は、企業側も労働者側もメリットがある

派遣で働いている人が、急速に増えています。
その原因は様々にあります。
まず企業側としては正社員を雇うよりも、そのような形で雇った方が都合が良いという面があります。
正社員であれば雇用保険や厚生年金保険など各種保険に加入させる義務があるので、そのための費用がけっこうかかるのです。
その点派遣であればそのような保険に加入させる義務はありませんので、企業側にとってはメリットが大きいのです。
ですからそのような形態で労働者を雇う企業が増えているのです。
労働者側から見ても、派遣で働くのはメリットがあります。
例えば主婦の場合は、家事や子供の世話をしなければならないので長時間働くのが困難です。
そもため短時間で働けるのは、とてもメリットがあります。
また大学生も、そのような形態で働いている人がたくさんいます。
長い期間働くのではなく学生の間の短期間働きたいという場合には、そのようなスタイルで働くことができるのはとても便利なことなのです。
ですから派遣という形態は、企業側にとっても労働者側にとってもメリットがあるのです。

Copyright(c) 派遣 . All Rights Reserved.